9期目を終えて

Pocket

取締役会長の竹中です。

弊社は8月末で、9回目の決算日を迎えました。

お客様、株主様、社員・役員…多くの方のおかげで、
9回も決算ができる奇跡に巡り会えるたことを、
心から感謝しています。

これまで色々なことがありましたが、
私の印象に残るのはいつも、社員との出会いと別れです。

出会いは、意気揚々と未来の成功をイメージして幕を開けます。
でも別れるときは、哀しい一幕になることが多かった…。

これはブログで言うべきことではないかもしれませんが、
正直、拍手で送り出せたケースは少なかったです。

そしてその度に、深い後悔と失意の念を抱きます。
自分の中にいる別の自分が問いかけ、責めてきます。

【 いったい俺の何が悪かったのだろう…
【 どうしてもっと歩み寄れなかったのだろう…
【 いや、自分は精一杯、ベストを尽くしたはずだ!
【 何言ってんだ、その“驕(おご)り”が招いた結果だろ…。
【 どうせ自分の力なんか、こんなもんだよ…。
【 いつまでも引きずっていてはダメだ、前を見なきゃ。
【 そんなんじゃ、また同じ犠牲者を出すぞ?

「もう悪者や嫌われ者の役回りはイヤだ!
サラリーマンに戻って社長の悪口を言いまくってやる!」

そう思ったことも、数えられないくらいあります。
実は、今でも思ってしまうことがあります(スミマセン)。

でもそんなときに想うのは、盟友二人の存在です。

一人は創立メンバー、取締役の高嶋君。
私が独立するとき、一緒について来てくれました。

役員を任せたいと言ったときも、増資をお願いしたときも、
バーンっと太っぱらっぷりを見せつけてくれました。
繊細に見えますが、実は度胸が据わっています。

もう一人は、代表取締役の武井君。
入社わずか3年で、快く社長を引き受けてくれました。

私には、会社財務の全てを任せてくれていいます。
銀行融資を受けるとき、何も聞かずに判を押してくれる、
男の中の男です(奥さんになる人は不安だろうな…)。

二人とも控えめなので普段はあまり目立ちませんが、
これまで会社にもたらした実績は、計り知れません。

何より、数字(売上・利益)の面での貢献度は、
ずーーーーっと、トップランナーです。

そして私が二人を心から信頼している一番の理由は、
一度も「辞めたい」と言ったことがないことなのです。
冗談では数え切れないくらい言ってますが…(笑)。

ややもすると傲慢と想われてしまう私を
二人はいつも信じてくれて、支え続けてくれました。

これまでしてもらった恩義を考えると、
”男の中の男の中の男”を目指している私としては、
辞めるわけにはいかないのです。

9月1日、プライムハートは10年目に入りました。

これからも、出会いと別れがあり続けるでしょう。
でも私は誓います。

昨年の自分より、昨日の自分よりもベストを尽くし、
一人でも多くの人を拍手で送り出せる会社にします!

新たな一年の始まりに際し、
将来の社員となる、まだ見ぬあなたとの出会いを、
心待ちにしています。

DSC01553

———————————-

まだ見ぬあなたと出会う第一歩、
プライムハート会社説明会やってます↓↓

会社説明会に参加する ▸▸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする