1年たって「はい」と言えるようになりました。前編

Pocket

みなさんこんにちは、2018年3月入社のいまいです!

今年ももう4月ですね…平成もあと1か月…早いものです…
さて、そんな4月を迎えたということはなんと入社してから1年!(私が)
少しですが怒涛にすぎたこの1年を振り返ってみたいと思います。

『変わりたい』『自立したい』・・・でも現実は

一年前の私は『変わりたい』『自立したい』という理由で転職をしてこれから一新して頑張るぞという気持ちでいっぱいでした。

でも当たりまえですがすぐにはうまく行かず、自分の成長が止まっているように感じていました。
うまくいっていないと感じても何をすればよいのかわからなかったり、自分に自信が持てなくて「~やって」に「私ですか?」と質問で返してしまったり、同じ時期入社の人達が自分の居場所(強み)を生かして成長しているのを目の当たりにして一人で焦って、すごくしんどくなったりもしました。

そして向井さんから「人の為に働いていないよね」との一言。

当時はすごく悔しかったのですが(今も書きながら泣きそう)、改めて考えてみるとその通りでした。

『相談する』ということができるようになりました

皆さんは「他人の為に働く」事がわかりますか?
多分ほとんどの人がわかるとても簡単な事なんだと思います。
なのに私にはとても難しくて、考えれば考えるほどわからなくなっていきました。

ですがここからがプライムハートのいいところ!
一人で抱え込まなくて良いんです!!
私は営業の山本さんとキャリアプランを見てくれている近藤さんに「人のために働くことがわからない」と相談をさせていただきました。
こんな相談にも笑いもせずに二人して真剣に聞いてくれたことを覚えています。

私は強がりな人間なので「自分がしんどい」とか「困っている」と言うのが死ぬほど苦手なんですよね…

でも
皆聞いてくれるじゃん!
相談してもいいんだ!
と思うことが出来ました。

それから少しずつ自分が変わっていけたような気がします!!!

今思うと向井さんが見抜きすぎてて怖いですね…
あの時の自分は『自分のスキル100%』とかだったんですよね…
あの一言がきっかけになったんだと思います、ありがとうございました!

続きは後編で♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする