入社までの道のり 7月入社Y.A

Pocket

はじめまして。7月入社しましたAです。
今回は自分の入社前の話を書きましたので、見ていただければ幸いです。
それではよろしくお願いします。

前職の話

辞めた理由から話すと、自分の今後の人生が見えなくなったことが理由です。

自分は某テレビ局で勤務してました。
もちろん皆さんが想像してる通り、体育会系の超実力派社会です。
やりたいことを明確に決め、常に全力で努力し続けないといけない場所でした。
最初の三か月は自分も全力で走りました。



入社から半年たった時、「ああ、だめだ」
帰る時間も遅く、低賃金、業務改善をしても認められず、近くに話せる仲間もいなく、精神的にも身体的にもまいってしまい、どんどん自分に余裕がなくなり、最初に入った時のやる気はなくなっていました。

ちょうどそのタイミングで所属している会社の社員が急に自分と社長以外が辞めて、自分はどうするかという転機が訪れました。
こんなところにもういてはいられないと思い、一年いっぱいでやめる事を伝え、2019年の3月に辞めました。

プライムハートとの出会い

辞める三か月前からずーと転職先の会社を探し、たまたま見つけた会社がプライムハートでした。
まだやることが決まっておらず、自分のダメなところを探しきれずにいた時期だったので最初は色んな会社を見ていました。

転職活動を本格的にはじめて、辞める前の最後月、上野で受けたい会社のついでに秋葉原にあるプライムハートに面接しに行きました。

面接時の会社の雰囲気、面接方法の違い、社員の温かみ、惹かれる何かを実際に感じ、その後受ける予定だった会社やほかの会社をすべて捨て、この会社に入ろうと考えました。

会社に入るまで

自分の中でプライムハートに入ることを決め、入社前研修を受け、課題も終わらせ、会社内のイベントにたくさん参加しました。

自分は変な自信によりすぐに入社できると考えていました。

すると採用の方から自分が会社に惹かれた理由とこれからどうなりたいかを考えてと言われました。

どうなりたいかはずっと余裕を待って生きたいを考えていました。
それをかなえるためにはマイナス面である防衛機制を変えたほうがいいと考え、どうすれば克服できるかを検索しました。

すると、プライムハート内で大事にしている自尊心を高めることが重要だと知り、そのことを採用の人に伝え、自分はこの会社でマイナス面消すことを決意できました。

これからについて

もちろんこれからの人生の目標を叶えるために向かっていきます。

会社に入る前に自分の目標と会社の方向性をちゃんと考えさせてくれたプライムハートに感謝しながら、今後の自分の人生を楽しくし、周りを巻き込んでいこうと思ってます。



自分は人に教えることが好きなので、新しい人が来てくれると非常にありがたいです。

自分の拙い文章をお読みいただきありがとうございます。
プライムハートに興味をもっていただければ、ぜひお越しください。

必ずと言っていいほど自分と同じ悩みを持ち、人や解決法を教えてくれる人がいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする