株式会社プライムハートPMO 稲垣尚子

入社前の私にも社員と同じように向き合ってくれました

大学を卒業した後、半年くらいアルバイトをしていました。
大学在学中の就職活動があまり上手くいかなかったので、もう面接を受けたくないなと思っていました。
でも仕事をしないと生活できないし、周りにも心配を掛けていたのでこのままではだめだという気持ちでした。

プライムハートの社内イベントに参加して、いい意味で肩肘張っていない雰囲気が、自分にあっているなと感じ、自然と「この会社に入りたいな~」と思うようになりました。
また、私も含め皆が皆コミュニケーションが上手なわけではありませんが、入社するかどうかわからない新人に対しても他の社員と同じ目線で話をしてくれて、こちらが話したことに対して誠実に向き合ってくれているように感じました。

「あなたのおかげで助かったよ」と言われて

今、私が働いている現場では旅行会社のシステム開発をしています。
私は開発者ではなく、プロジェクト推進側として、プロジェクトがスケジュール通りに進むように調整する、PMOという仕事をしています。

ある現場で、課題が発生しスケジュール通り進まなくなりそうになったことがありました。
システムに対する有識者が少なく、課題があっても解決が難しかったのですが、ポジションを入れ替えて、要員の割り振りを変えるなどして対応しました。
「あなたのおかげで助かったよ」と言われて、この仕事にやりがいを感じました。

とりあえずやってみる

プライムハートは同年代の社員や、似たような経歴の社員が多く、仕事以外の話も色々出来るところが好きです。
また、やってみたい事は「とりあえずやってみて、ダメだったらその時考えよう」という考えが社内にあり、その姿勢も好きです。

現場で困ったことがあったら、とりあえず自分で調べてやってみる。それでも分からなかったら、VBAの知識やプロジェクト管理について、相談に乗ってくれるプライムハートの先輩がいるので助かります。


夢を助けてくれる会社

私は、大学在学中の就職活動がダメダメだったので、プライムハートに入社する前は「自分は社会に必要とされてないのかもしれない」という気持ちがすごく強かったです。
入社して、プライムハートや現場での働き方を教えてもらい、それを実践することで成果を出せたり、人に喜んでもらえたことがとてもうれしかったです。
その結果自分のお給料で生活できるようになりましたし、何より精神的に自立できたと思います。

「こんな自分になりたい」という将来像や夢があれば、ぜひプライムハートでは大ぴらに話してほしいと思います。プライムハートでお助けできることがきっとあります。