株式会社プライムハートPMO 松本久芳

夢の実現のために、異業種からチャレンジ

前職は総合アミューズメント業界でがむしゃらに働いていました。
仕事内容自体は好きでしたが、ふとこれからの自分の人生を考えたとき、「果たしてこのままでいいのか」という思いが生まれてきました。

私は大学で情報処理技術を学んでいましたし、もともとパソコンが好きでシステムエンジニアという職業にも憧れがあったため、もうひとつの夢にチャレンジしてみようと就職活動を始めました。

たくさんの会社がある中、プライムハートに応募しようと思ったのは、ホームページを見て「なんだか楽しそうな会社だな」と思ったからです。
大勢でワイワイやるのが好きなので、賑やかな社風に惹かれました。
実際、月に一回開催されるイベントにはたくさんの社員が集まり、ワイワイ盛り上がっています。


今の現場にはプログラマーとして入りましたが、現在はシステムエンジニアとして上流工程を任されています。
顧客セッションや要件定義・基本設計と、より責任の重い業務・高いスキルが求められる業務に携わるにつれ、やりがいが強くなってきています。

また、仕組み化の一環で作成したマニュアルやチェックリストが現場のみなさんに喜んでいただけたとき、
現場を離れるときに「また一緒に働きたい」と言っていただけたとき、
お客様から「ありがとう」の一言をいただいたときなど、「あきらめずにチャレンジしてよかった!」と実感します。

やりたいことをやれる、フットワークの軽い環境

プライムハートに入社したもうひとつの理由に、『中小企業ならではのフットワークの軽さに可能性を感じた』があります。

プライムハートは社員数が少なく規模の小さい会社ですが、その分、やりたいことを提案していけばやれる環境なのではないかと思いました。
将来的には、会社の経営に関わる中心人物、社員を引っ張る立場になりたいですし、新しいコンテンツを作っていきたいと考えていました。

コンテンツ作りについてはすでに実現しつつあります。
有志の社員で『 clover 』という社内SNS開発のプロジェクトを立ち上げ、その中ではプロジェクトリーダーを務めています。

cloverの発足当初は、開発経験も少ない素人集団でゼロからのスタートでしたし、有志の社員で構成されたプロジェクトだったので、メンバーの脱退やメンバーチェンジがありました。

お互いの気持がわかる分、その度に心が痛みました…。
解散の危機もありましたし、竹中会長に怒られることもありました。

それでも、要件定義・詳細設計・開発・テストとすべての工程を越えてプレリリースまで辿り着いたときはすごく嬉しかったですし、メンバーや支えてくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいでした。
(プレリリース後の打ち上げでは、大いに盛り上がりすぎて、お店を出禁になりそうでした。笑)

また、cloverメンバーがスキルを身につけて、現場や勉強会で活躍している姿を見ると励みになります。
自分にとってもメンバーにとっても良い刺激になりますね。

まだまだ荒削りなところが多いですが、2週年を迎えられたこと、5人からスタートしたcloverが、今では16人に仲間が増えたこと、本当に続けてきてよかったと感じています。

これからもcloverプロジェクトは続きますので、新入社員の方で興味を持った方がいたらぜひ参加してもらいたいですね。

未経験で不安でも、相談できる仲間・先輩に恵まれています

プライムハートには未経験で入社する人がほとんどです。
一緒に頑張って成長できる仲間がいるので、同じように未経験でチャレンジしようと思っている人にはとても心強いと思います。

私も入社したばかりの頃は、人間関係や作業内容などで困ったり辛かったりすることがありましたが、プライムハートには支えてくれる同期や先輩たちがたくさんいました!
一人で悩まず、相談することができる環境はとてもありがたかったです。

また、未経験ゆえの不安を打ち消すくらい、プライムハートには研修が充実しています。

例えば、
・毎月開催されるC言語・Java・Unix等のITスキル中心の、業務レベル向上に直結する勉強会
・お客様の業務の問題発見から解決案を提示するまでのプロセスを学ぶコンサルティングスキル研修
・『7つの習慣』をベースに自分自身の内面を磨くリーダー育成研修
・推奨スキルであるVBAの自主勉強会
・前述の社内SNS開発プロジェクトのclover
などなど…

プライムハートの研修・勉強会は基本的に自由参加なのですが、どの勉強会もたくさんの参加者がいることがすごいと思っています。

現在、経営企画部の一員として取り組んでいる研修が商談対策(※)です。(※商談…客先常駐に入る前の顔合わせ)
私の商談練習を受けた社員が、「商談で緊張せず自分のやってきたこと・思いを伝えられた!」という話を聞くと本当に嬉しいです。


『将来こうなりたい自分』をイメージする

私もリーダー会議に参加したり、経営企画部のメンバーとして活動したり、多くの研修に参加したり…、プライムハートに入社してからの経験で、自分の内面が大きく変化したと感じています。
今までは、周りばかり気にしていた性格でしたが、自分がどうしたいのか・どうなりたいのか、という考え方にシフトすることができました。

今後は経営や営業にも携わっていきたいと考えているので、SESのフットワークを活かして、色々な人と出会い・新しい人脈を作っていきたいです。
そこから自分の人間的成長と、会社の成長に繋げられる人材になりたいです。


これからプライムハートへ応募される方は、漠然とでもいいので『 将来こうなりたい自分 』を抱いて応募してきてください。
目指すものがないと、どこに一歩を踏み出していいかわかりませんよね。
目標に向かって行動できる人が、プライムハートの社風にも合っていると思います。
そして『 仲間 』となって、一緒にプライムハートを盛り上げていける人、お待ちしています!