株式会社プライムハートPMO 向井亜裕美

業界未経験入社から、社内研修講師へ

私は業界未経験、事務職希望でプライムハートに入社しました。
プライムハートに応募したのは「ハローワークの担当の方に勧められたから」「自宅から電車で一本で通勤しやすそうだから」という、 とても単純な理由からでした。

当時は結婚していたので、「結婚してるのに続けられるの?子どもができたらどうするの?」といった質問が来るかと思っていましたが、 特にそのことには触れられませんでした。女性だと、結婚や出産を理由に採用に至らない場合もありますが、 そういうところで判断する会社ではないんだと思いました。

また、当時の就職活動のテーマのひとつに「経済的に自立したい」という目標があったのですが、 プライムハートなら目標を叶えることができそう、理想としている自分になれそうだと思い、入社しました。

人の役に立つこと=利益を生み出すこと

私は現在、お客様先でPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィサー)として業務にあたりながら、 社内では『現場営業研修』を定期的に開催しています。
会社員の方は「会社で働いて給料をもらう」という意識の方が多いと思います。 私も入社当時は「きれいなオフィスビルで働きたい」とか「18万くらいのお給料を65歳くらいまで毎月もらえればいい」と思っていたくらいです。

お客様先に常駐するようになって、最初は「自分の担当業務をしっかりとこなす」ことを重視していましたが、 あるお客様先でVBAのツールを作ったところ、そのツールで、本来6人分だった仕事を1人で済ますことができ、 「人件費をコストカットすることができた」と、お客様にとても喜んでいただけました。
その経験を次のお客様先でも活かし、諸々の業務をVBAで自動化するととても喜ばれ、 そのお客様先で人を増やす必要が出てくると「向井さんみたいな人を紹介してほしい」と、増員のお話を直接いただけるようになりました。

「人の役に立つこと=利益を生み出すこと」の方程式が自分の中にしみ込んだ瞬間でした。
会社から毎月決まったお給料をもらえればいい」ではなく、シンプルに「お客様が困っていることは何かを明確にして、 その相手に少しでも利益をもたらす働きができるようになりたい」という意識に変わりました。

それは社内でも同様です。後輩社員から、お客様先の業務で問題を抱えて相談されたときのこと。
私も同じ問題を抱えた経験があったので、一緒に考えて再び現場に送り出したところ、 数日後に「できました!」という言葉を聞けた時はとても嬉しかったですし、また人の問題を解決するお手伝いができたことにやりがいを感じました。

自分の研修内容が、会社のスタンダードに

『現場営業研修』を始めたきっかけも、自分の経験を伝えることで「後輩社員の問題が解決し成長する」ことの役に立てると考えたからでした。
『現場営業研修』の目的は「プライムハートの営業担当と、他の会社の営業担当さんを繋げること」。 お仕事の情報が早く伝わるため会社の利益にもつながりやすく、実際に利益につながれば社員には営業手当が支給されます。

現場営業を通して、社員には「自分の枠を超えて、挑戦し続けられる人になってほしい」と思っています。 挑戦し続けることが成長につながって、いつの間にか常に困らずに生きられる経済力やスキルを身につけることができるはずです。
経験のないこと、わからないこと、見えない将来に対して、なんとなく不安を感じながら問題を先延ばしにするのではなく、 もっと自分の枠を壊して、自分の力で、新たなステージへと進んでいけるようになってほしいと思っています。

また、この現場営業には男女でのスキル差がありません。私の人生のテーマである「女性の経済的自立」の実現に、 現場営業のスキルはマッチしていると感じています。
現場営業ができるようになることで、女性社員が自分の人生の選択肢を広げることもできると確信しています。

この研修を受けて「実際に現場でやってみた」という社員が増えましたし、 『現場営業』という行動がプライムハートのスタンダードになってきていることがとても嬉しいです。


自分の居場所は自分でつくる

プライムハートは入社前に何日か研修を行っています。私の入社前研修で竹中会長に言われた言葉がとても印象的でした。
「社員と経営者は労働契約を結んでいるだけで、親しくはなるが家族ではない。雇用されているから守られているなんてことは間違い。 だからこそ経営者がどんなルールで経営をしているのかを知りなさい。」

言われてみれば確かにそうだと思いますが、意外と気づかないことです。 雇用されているから守られているということは100%なく、自分の居場所は自分でつくるという感覚が身に付きました。 これからプライムハートへ入社する方も、ぜひ心に留めておいていただきたいと思います。

プライムハートにはいろいろなタイプの社員が入社してきますが、 私は「人の役に立つのが好きで、そのために頑張れる人」と一緒にお仕事したいと思っています。
「経済的に自立したいと思っていて、営業に興味がある人」もいいですね。 「やりたいことがたくさんあって、そのどれも実現したい!」という欲張りな人も大歓迎です。
プライムハートで働くことを楽しめる人が増えると嬉しいです。